看護師のむなしい日常

精神科に勤務しているとどうしても自分までなんだか憂鬱な気持ちになってしまいます。

患者さんのことを考えるとその人が病になるまでいったいどんなことがあったんだろうって想像するんですよね。

想像してみるとあまり明るい想像は出来なくてなんだか暗い気持ちになってしまいます。

精神を病んでしまうほどの心の傷...悲しいですよね。

人によってそれぞれ許容範囲は違いますよね。

それを超えてしまった患者さんたち。

私たちに出来ることって何でしょうね。

どうしたら元の患者さんに戻ってもらうことが出来るんでしょう。

それは医療を超えた部分なんじゃないかなって思えてしかたありません。

だけど私たち看護師に出来ることは...むなしいばかりです。

少しでも患者さんの気持ちが安らぐように何かしてあげたいと思うもののなかなかその何かが見つからないでいる。

 

このブログ記事について

このページは、かいとが2013年8月18日 18:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「早くなりたいベテラン看護師。精神科医との日々。」です。

次のブログ記事は「心のケアを大切に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。