動物看護師になるのか精神科の看護師になるのか

今は看護師として、とあるクリニックで働いています。私が今働いているのはいわゆる精神科と呼ばれるところです。日々、いろんな悩みを抱えた患者さんたちがこの病院に救いを求めてきます。精神科の病気というのは目には見えないために処置も難しいものがあります。
でもみんなとても辛そうな顔をしていて...それを見るたびに心が痛くなります。

そんな私ですが...実は昔は動物看護師になりたかったんです。
小さい頃から動物が好きで、「将来は獣医さんになる!」なんて言っていた頃もあったって前に母に言われました。そんな頃もあったんだよなぁ...(笑)
でもまあ獣医さんはちょこっと無理かなと判断して(頭的な意味で(笑))、だったら動物看護師になろうって思ったわけです。
獣医さんと一緒に動物たちのために働けるなんてとても素敵だって思っていたんです。

そんな考えが変わったのは高校生になってからでした。
私と仲良くしていた親戚の従兄弟が亡くなったのです。精神的な病に苦しんでいたそうなのですが...その従兄弟の両親も周りにいた友人たちも誰一人として従兄弟の苦しみをわかろうとしてくれなかったのだそうです。たった一人だけ従兄弟を理解していたのは、私と従兄弟の共通の友人で心理学を学んでいた子だけでした。

それからでした。私が精神科に勤務する看護師になりたいと思ったのは。
少しでも従兄弟のように苦しんでいる人たちの力になりたくて、私は精神科を選びました。

今でも自分が患者さんたちの力になれているのか疑問になることはあります。
それでも毎日、自分にできる最大限のことをして、患者さんたちに尽くしたいと考えています。

動物看護師も精神科の看護師も、誰かのために...という点は共通しています。この気持ちを忘れずに、看護師を続けていきたいです。
もし転職したくなったらこんなページなんか参考にしてくじけずに頑張っていきたいですよね。

このブログ記事について

このページは、かいとが2013年7月 4日 15:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「精神科勤務が長く続くと...」です。

次のブログ記事は「腰痛でツライ...看護師業務」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。